BLOGトップ

【出店情報】

こんにちは! お盆休みを終え、みなさまいかがお過ごしでしょうか? せっかくのお盆休みだというのに、雨ばかりでイヤになってしまいますね・・・ そんなときはイベントに繰り出して気分転換に限ります! ということで、今日は古谷農産の出店情報をお知らせいたしまーす! 1、アグリフードEXPO 8月23日(水)午前10時~午後17時              24日(木)午前10時~午後18時   東京ビックサイト 東6ホールにて 2、大日向マルシェ 8月26日(土)午前9時~午後12時半   アワーズダイニング前の原っぱにて 3、道の駅 那須与一の郷 夏祭り 8月27日(日)午後1時半~夜8時まで   道の駅 那須与一の郷にて 4、大日向マルシェ 9月9日(土) 午前9時~午後12時半   アワーズダイニング前の原っぱにて 5、那珂川大感謝祭2017 9月10日(日)午前10時~午後3時まで   なかがわ水遊園にて お待ちしております!

【定点観測】

taue

こんにちは! 今年6月6日に横浜市立汐見台中学校の皆さんと田植えした田んぼの定点観測のご報告です! 田植えをしてから2か月が過ぎました。 1か月前の写真と比べ、大きくなり稲と稲の間隔が狭くなって水面が見えにくくなっています。 そして何より、稲穂が出てきたのが一番の変化ですね! 稲穂はまだ青く、ピンと立った状態です。 稲穂をよく見てみると、なにやら白いものが出ているのがわかります。 地味ですがこれが稲の花なんですよ。 白く見える部分は雄しべ。 受粉するとだんだんと実っていき、私たちが食べる米になっていきます。 今はまだ花が咲いている稲穂は少ないですが来月の定点観測までには満開になり、秋の実りに向けて着々と準備が進んでいることでしょう。 ではまた来月、定点観測いたします!

☆生き物調査☆

DSC04529

こんにちは! 先週7月22日(土)に、古谷農産の米を給食で食べているこども園のこどもたちとその保護者が田んぼにいる生き物調査にいらっしゃいました。 こどもたちは大はしゃぎで田んぼの生き物を捕まえていました。 カエル、ドジョウ、ゲンゴロウ、ガムシ、ミズカマキリ、コオイムシ、アメンボなどなど・・・ 中には怖がっている子もいましたが、みんな興味津々で触っていました。 生き物調査をした後はお昼ご飯です! メニューは本物の竹から作った流しうどん(うちの商品にはそうめんは無いので与一うどん 細麺でやりました)と、たっぷり夏野菜のカレー! みんな驚くほどの勢いで食べてくれました! 少し作りすぎたかな?と思っていたカレーもあっという間になくなってしまいました笑 美味しいと言って食べてくれてよかったです。 いつも給食で食べているお米がたくさんの生き物がいる環境で栽培されていること、生き物のおかげで美味しくなっていることを少しでも知ってもらえたかなと思います。 これからもうちの安心・安全のお米を食べて大きくなっていってほしいです! また来てね☆

【定点観測】

DSC04516 (2)

連投失礼します! 今日は横浜の汐見台中学校のみなさんが田植えをしてくれた田んぼの定点観測をアップします! 先月6月6日に田植えをしてから今日でちょうど一か月。 田植えをした時より大きくなっているのがわかるでしょうか? 少しずつ成長して、稲と稲の間隔も狭くなっています。 これから夏に入りどんどん大きくなっていきますよ。 収穫の日が今から待ち遠しいですね! ではまた!

除草作業と大豆の種まき

DSC04504

毎日暑い日が続いていますが、みなさま体調崩してなどいませんか。 熱中症には充分に気を付けて毎日過ごしたいものですね。 さて、最近の古谷農産は何をしているかというと、田んぼの中に生えている雑草の除草作業と田んぼ・畑の周りの草刈り、大豆の種まきを中心に作業してます。 まずは除草について。 これは「除草機」という機械で、鉤がいくつもついたローラーが回転して、稲と稲の間に生えている雑草を取り除いてくれるというものです。 エンジンをかけると勝手に前に進んでくれるので押す必要はないのですが、除草機の速度に合わせて田んぼの中を歩くのは一苦労なんですよ。 機械を使っているので楽そうに見えますが、本当に疲れる作業です。今の時期暑いし。 しかしこの作業をきちんと行うと、稲が大きく成長するにつれ稲以外の雑草は稲の影になって成長できないため、米の収穫量が上がります。 一般の農家さんはここで農薬を散布して稲以外の雑草を抑制しますが、うちはそうはいきません。農薬を使用せずに栽培しているからこその苦労というわけです。 次に、大豆の種まきです。 昨日は「里のほほえみ」という品種の大豆を蒔きました。  トラクターで土をほぐして柔らかくした後、種まき用の器具を取り付けて種まきをします。 機械では種まきのあとに土をかけるところまでしてくれるので助かりますね。 今回蒔いた大豆はお盆の頃に花盛り、11月頭に収穫を迎えます。 今から収穫が楽しみです!

一息ついて・・・

DSC04450

こんにちは! 関東も梅雨入りし、ジメジメな毎日と思いきや五月晴れの連続・・・ 少しは梅雨らしく雨が降ったほうが農家としてはうれしいのですが、お天気はどうにもなりませんね。 さてさて、5月中旬から始まった田植えが、ついに終わりました! やったー!と思うのもつかの間。 今度は麦と菜種の収穫があります。 写真は菜種の収穫の様子。(麦刈りの写真を撮るのを忘れてました。。。ごめんなさい) コンバインで一気に刈り取り、乾燥させてから圧搾して菜種油として皆様のもとに届きます。 菜種油は酸化に強いため、炒め物や揚げ物に適しています。 きれいな黄金色の油は見た目も美しくクセも少ないため、ドレッシングの材料としてもオススメですよ! ではまた、随時更新していきます!

田植え体験その2&農家民泊!

image2

連投ごめんなさい! 今日は6月6日、横浜市立汐見台中学校の1年生のみなさんとで行った田植え体験についてアップします! まずはうちの田んぼのお隣の麦畑の敷地を借りて、うちの社長からお話を聞きました。 これから田植えするうえでの注意事項、やり方、農薬・化学肥料を使わないからこその田んぼに住む生き物の多さ・・・ みんなしっかり真面目に聞いてくれました! お話のあとは田んぼに移動していよいよ田植え開始! 初めての田んぼのニュルッとした感触に悲鳴?をあげながらもなんだかんだで楽しそうでした笑 手持ちの苗がなくなると道路にいるスタッフから投げてもらうのですが、うまくキャッチできるかできないかで盛り上がりました! 中には失敗して田んぼの水が跳ねて泥だらけになってしまう子も! そうしてみんなで田植えをした後は、肥料となるぬかを撒いてもらいました。 このあとはそれぞれグループに別れ、農家さんのおうちにお泊りして農業体験をする「農家民泊」へ。 うちにも女の子4人組がお泊りしました。 田植えに使う育苗箱洗いや豆・古代米・丸麦の選別、袋詰め、甘酒のシール貼りなどをしてもらいました! みんな真面目にやってくれて助かりました! みんなで自家用畑に行って野菜を収穫したり、収穫したばかりの野菜を使って料理したりも。 なかなか機会がないとできないことなので、貴重な思い出として記憶に残ってくれるといいな☆ これから汐見台中学校のみなさんで植えた田んぼを、収穫まで毎月6日に定点観測としてこのブログかTwitterでアップしていきます! お見逃しなく☆

田植え体験その1

DSCN0877

こんにちは! 今日は6月3日に行われた、地元の西原小学校5年生と縁のある保育園の園児たちで行われた田植え体験についてアップします! 今回はコシヒカリではなく古代米の中の黒米というお米の苗を植えました。 あらかじめ田んぼに碁盤の目状に線をひいておき、植える際の目安としました。 初めて田んぼに入るという子も多くドキドキの表情・・・ 子どもも先生も尻餅をついてしまって泥だらけになりながらも、それでも楽しそうに田植えをしていました! みんなで頑張って田植えをした後はお昼ごはん☆ うちの米粉でそれぞれ思い思いの形にお団子を作り、ゆでたてにきなこをまぶしていただきます! あとはけんちん汁、黒米入りごはん、お新香でお腹いっぱい! 何杯もおかわりした子もいました笑 美味しそうに食べてくれてよかった! 田植えだけでなく収穫までどんなふうに育っていくか、たまに見に来てね!

田植え開始!

忠田植え

みなさまいかがお過ごしでしょうか。 久々のブログ更新となってしまって申し訳ないです・・・ GWも終わり、慣行栽培のみなさまは田植えも終わりに差し掛かってきた頃でしょうか? もしかしたら既に完了した方もいらっしゃるかもしれませんね ですが!我が古谷農産の田植えはまだ始まったばかり・・・! これからが本番なのです! まずは田植えをする2代目 うど太郎こと、古谷忠の田植え姿をご覧いただきましょう。 古谷農産では農薬・化学肥料・畜産堆肥を使用しない農法で栽培しています。 そのため慣行栽培とは少し(だいぶ?)違う農法なので、農薬を使用している田んぼと比べると違うところがいくつかあります。 田植えが一般と比べて少し遅く始まるのもここに理由があるのです。 まず1つ、田んぼに植えるために種を蒔いて苗を育てるところから違います。 一般の苗はある程度まで育てば植えられるため苗をそこまで大きくしません。 しかしうちでは一般より水を多く貯めた状態で植えるため、一般の苗より大きく強くしてから植えます。 種まきから田植えまで多くの期間を要するため、田植えが少し遅く始まるのです。 そして2つめ、苗を植える間隔が違います。 慣行栽培ではたとえ雑草が生えても病気が出ても農薬を使えばいいので収量を上げるために狭い間隔で植えます。 しかしうちは稲自体を強く実らせ、病気予防のために間隔を広くして植えます。 そのためうちの田んぼと隣の慣行栽培の田んぼを見比べてみると、うちは密度が低く見えます。 なので一般の方から見たらごじゃっぺ(栃木弁で「でたらめな」という意味)な田植えに見えるかもしれませんね 今回は田植えに絞ってご紹介しましたが、またうちの除草や水管理などの農法についてもご紹介しますね。 ではまた!はりきって田植えします!!

よつ葉マルシェin那須塩原

みなさまいかがお過ごしですか ちまたではインフルエンザが流行のピークを迎えているそうですから、みなさまご自愛くださいね   さて、平成29年2月4日(土) 10時~14時 那須野が原ハーモニーホール 第一ギャラリー・交流ホールにて よつ葉生協が主催する「よつ葉マルシェin那須塩原」に出店いたします! 身体にやさしいこだわりのものばかりですので、しっかり食べて風邪を吹き飛ばしましょ!   みなさまお誘い合わせの上、お越し下さいねー!